MENU

未経験でも心配いりません。

MRから調剤薬局へ転職を考えたり、長く子育てで専業主婦をしていてブランクが空いてしまって、ほとんど未経験と同じくらいの初心者になってしまい不安を抱えている薬剤師って結構多いんです。

 

私が病院や調剤薬局に転職して現場に入っても迷惑がかからないかしら?とか、果たして求人をどうやって探したらいいのかしら?とか・・・・・。?(°Д°≡°Д°)?
不安は尽きませんよね。

薬剤師 未経験

 

でも、こういった悩みを持つ薬剤師の方って結構多いんですよ。

 

転職や仕事探しの時は、焦らず、正直に自分の実力を把握することが大事です。
で、実際の職場探しは薬剤師求人サイトに登録してしまうのが早いと思います。
何を隠そう、私も製薬会社のMRから調剤薬局に転職したんです。その時には、やっぱり薬剤師求人サイトに登録しました。

 

担当してくれたコーディネータも慣れたもので、私の履歴書を見て「薬剤師の業務ははじめてですね〜。でも心配ありませんよ。こちらの方から、未経験者でも構わない求人先を選んでご紹介しますので」と心強い対応をして頂きました。(;≧∇≦) =3 ホッ

 

コーディネータの方に「結構、未経験の方って多いんですか?」と伺うと

 

「かなり多いですよ。募集している調剤薬局の方も教育システムがしっかりしていれば、全くの未経験でも1〜2ヶ月くらいで十分戦力になるみたいです」

 

と、言うことで、もし自分が調剤業務が全く未経験で不安に思っている方は躊躇せず、仕事を探して下さいね。

 

 

【追記】
ご自身の性格やタイプに応じて選ぶべき薬局はまったく異なっってきますので、タイプ別にオススメの調剤薬局についてまとめてみました。ぜひ参考にして下さい。

 

⇒ タイプ別、未経験の方にお勧めの調剤薬局はコレだ!

未経験者でも安心して仕事を探してくれる転職サイト

私は3社に登録して、すぐに希望の条件にあう調剤薬局を紹介してくれた、ファルマスタッフさんを除いて、後の2社はお断りの連絡をしました。
でも、他の会社の担当者もすごくいい感じの方だったので、皆さんもご自身でどの転職サイトがよいか判断したらよいと思います。

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは東証一部上場の大手調剤チェーンである、日本調剤グループが運営している転職エージェントです。求人件数業界No.1、充実の教育体制、豊富な紹介先、と万全の体制でサポートしてくれます。

 

私も未経験ながら、ファルマスタッフさんで希望の条件にあう調剤薬局を紹介してもらうことができました。薬剤師さんの転職成功率が90%超の実績というも納得です。

 

>>ファルマスタッフの公式サイトはこちら

アプロドットコム

アプロドットコム アプロドットコムは知名度は低いですが、実は「薬剤師求人数日本一」の会社なんです。派遣、アルバイトなど、様々な勤務形態を扱っているので、多様な働き方が選べるのは助かりますよね。

 

コーディネーターの質がよいことも人気の理由で、利用者満足度が96.4%という高い数字なのも納得の会社です。

 

>>アプロドットコムの公式サイトはこちら

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師 マイナビ薬剤師は首都圏や関西圏をはじめ、北海道から沖縄まで全国各都道府県の求人をカバーし、利用者満足度3年連続No.1のサイトです。

 

コンサルタントが転職を希望される薬剤師さんに徹底的に向きあってくれることで人気があり、希望条件にあう求人がみつけやすいですよ。

 

>>マイナビ薬剤師の公式サイトはこちら

 

薬剤師求人サイトに登録してからの流れ

私はファルマスタッフさんに登録してから、担当者とファルマスタッフの入ったビル事務所で一度顔合わせをしました。
ちょっと忘れてしまいましたが、色々と提出書類を出して今後のことについて打ち合わせをしました。
その後は電話とメールでやり取りしてました。

 

色々、紹介して頂いた調剤薬局の中で一番家に近かった調剤薬局の面接を受けて、無事合格。
この面接は1人で行きました。
服装は一応スーツで臨みました。
でも、社長さんも軽いノリで、履歴書を見ることもなくほとんど雑談で面接は終了。

 

私の方からは「調剤未経験ですけど、大丈夫ですか?」と質問をしましたが、全然気にしてないようでしたよ。 (@_@;)
だから、すごく不安になっていた私がバカみたいでした・・・・。

薬剤師の求人で『未経験者』は実際どのように思われるのか?

 

『薬剤師 求人 調剤未経験OK 急募!!』

 

未経験者でも薬剤師求人結構ありますよ♪|探し方はコチラを参考に

 

求人サイトや雑誌を見ていると、こんな文字をよく見かけますよね。

 

そのような文字を目にした時に、調剤経験者であれば「自分は経験者だからその時点でちょっと未経験者よりもリードしているかな」など少し優位に感じるものです。

 

しかし未経験者にとっては、「未経験でもOKと書いてあるけど本当に大丈夫なの?」と思ったり「いや、経験者が本当は欲しいんじゃないの?」「私は覚えるのが人よりも遅い方だからただの未経験者ではないんだよね…」というように、必要以上にその文字の裏を読みすぎて不安に感じたりするものです。

 

 

薬剤師の国家資格は取得したものの、卒業してすぐに製薬会社に就職したり、CRCやCROなどで働いていたりした人や、結婚などによって10年近くのブランクがある人にとっては、薬剤師としては素人同然だよね…というふうに感じたり、若い薬剤師からどう見られるのかな…などマイナスなイメージを持ってしまうもの。

 

経験したことがあるのかないのかといったことは関係なく、『薬剤師の資格を持っているのにこんなことも知らないんだーと思われたり、患者さんになんて思われるだろう…患者さんには未経験だとかブランクなんて通じないよな…。』というような感情が湧き出てきて、『いろんなことがうまくできるか不安だ〜!!』というふうに感じている人は多いのではないでしょうか。

 

しかしそのようなことは心配ありません!

 

実際にはそんなふうにあなたが不安に思っているほど病院や薬局でのスタートは難しくありません。むしろ未経験のほうがいろんなやり方に染まっておらず、都合が良いと思っている病院や薬局は世の中たくさんあります。

 

…とは言っても私は覚えるのが遅いし、邪魔者扱いされてしまうかも…。4年制の薬学部しか卒業していない私についていけるか心配…。などなどなかなか一歩踏み出せないというような心境があるのではないでしょうか?

 

そんなあなたの為に、現場で働いている薬剤師の人が実際に未経験の人に対してどのように思っているのか、または未経験の人はどのように働いていけばいいのかということを中心に書いていきたいと思います。

 

 

 

未経験の人にはゆっくり階段を上っていって欲しい

 

例えば病院や調剤薬局に勤務している自分を想像してみた時に、「難しい病気の人が来たらどんなふうに対応したらいいんだろう」と構えてしまったり、「薬の場所がわからなくておろおろしてしまうんじゃないかな」などいろんなことで不安な気持ちになってしまいませんか?

 

初心者の薬剤師でもOK

誰でもそんなことを想像したら不安になってしまいますよ。

 

しかし、実際に未経験の人が転職によって現場に来られた際には、受け入れる側の人間の対応として、難しい病気の患者さんや10種類以上もある処方せんの調剤を急にお願いしたりすることはありません。

 

調剤にしてもスピードよりもまず正確性を求めますし、複雑な調剤をお願いすることはまずありません。なぜなら『未経験の人だから急にベテランのようにこなすことはできない』ときちんと認識しているからです。

 

何となく「薬剤師の資格を持っていたらこれぐらいできて当然と思われているかもしれない」なんて漠然としたイメージを持っていませんか?

 

しかし現場の薬剤師が未経験の人が転職してくると聞いた際にイメージすることは、長く働いてもらうためにできるだけ負担をかけないようにゆっくり育っていってもらおうということです。それ以外求めるものは一切ありません。

 

確かに薬剤師不足のご時世ですから、即戦力を求めているような薬局はたくさんあるでしょう。しかし、『未経験』と聞いた時点で大事にしてあげたい!という気持ちになる薬剤師がたくさんいるのも事実です。入れ替わりの多い業界ですから気に入らなければすぐに辞めてしまうというような薬剤師が非常に多いですからね。

 

 

実際に患者さんに対して薬の説明をしてもらうのも、初めは難しい病状の患者さんではなく、湿布だけの患者さんや乾燥を防ぐための目薬の処方せんだけのものなど、まずは現場に慣れてもらうことを中心とした業務から開始することがほとんどです。それぐらいならできそうだと思いませんか?

 

初めからあれもこれも、それも!!…なんて覚える必要はありません。ひとつずつゆっくりと階段を上っていくだけでいいのです。

 

初心者の薬剤師でも心配はいらない

 

『未経験 OK』と求人に書いてあるのであれば、そのように「ゆっくり階段を上っていっていいですよ」と書いているようなものなのです。

 

 

安心してください。

 

あなたのような未経験の薬剤師を求めている会社はたくさんあります。

 

まずは実際に未経験の薬剤師を募集しているような会社の担当者の話を聞いてみることです。きっと不安に感じていたことなどすぐに吹き飛んでしまうでしょう。

 

仮に面接に行ったとしても、すぐにその会社に就職しなければならないというようなことはないのです。ほとんどの人が何社も面接を受けた上で、希望に合った会社に就職しています。

 

まずは一歩踏み出してみませんか?

タイプ別、未経験の方にお勧めの調剤薬局はコレだ!

 

未経験でも大丈夫な職場!とわかっていても、いざ調剤薬局で働くとなると勝手がまったくわからないだけに、とても不安に感じてしまっている…なんてことはありませんか?

 

調剤薬局ってどこでも一緒なんてことはなく、会社や店が違えばまったく別の世界だったりするんですよ。選ぶ薬局を間違ってしまうと、ついていけなくてまた転職をしなければならない…なんてことになってしまいかねません。そこで、未経験の方にお勧めの薬局がどんなものなのかということについてお話ししていきたいと思います。

 

 

まずは自分の性格やタイプを把握しておくこと

薬剤師 求人 未経験

まず初めに大切なことは、ご自身の性格やタイプを正確に把握し、『どんな調剤薬局が自分に合うのか』ということについてしっかりと考えておくことです。

 

調剤薬局と言えども、小規模な薬局から大規模な薬局までたくさんあり、処方せん応需科目の種類や業務の忙しさなどは本当にバラバラです。調剤薬局のなかでも比較的簡単だと言われる眼科や整形外科の門前薬局や、少し難易度の高い母子センターや総合医療センターなどの門前、在宅専門の調剤薬局などなど…。挙げればキリがありません。そんな中で、みなさんが確実に一歩ずつ階段を上って行けるような薬局を探し出す必要があります。

 

「いきなりそんなに高度なことをしようとは思わないんだけど…」という方は、難易度の高い薬局を選んでしまうと、ついていけなくなってしまう可能性があります。また、「車の運転はあまりしたことがないし自信が無い」という方が在宅の多い調剤薬局を選んでしまうと…。これは容易に想像していただけますよね。

 

このように、みなさんの性格やタイプに応じて選ぶべき薬局はまったく異なってくるものですので、まずはそのあたりをしっかりと考えてみてください。知り合いの方や現に調剤薬局で働いている友人の方などに聞くのもひとつかもしれませんが、それぞれタイプが違いますので、あくまで参考程度に留めておいてくださいね。

 

 

私にはどんな薬局が合うの?

さてそれでは、タイプ別にお勧めの薬局を紹介していきたいと思います。

 

黙々と作業をすることが好き

ひたすら作業することが好きという方は、施設調剤をたくさん受けているような薬局を選ぶと良いでしょう。特に大型の特別養護老人ホームなどでは100人以上の入居者さんがおり、要介護状態の方がほとんどですので、一包化や粉砕が必要な方が非常に多いものです。

 

慣れるまでは調剤に時間がかかるかもしれませんが、数十名の一包化をただひたすら作るだけという時間もあり、「あまり接客ばかりしたくないなぁ」とお考えの方にとってはマッチする可能性があります。

 

 

人とおしゃべりすることが好き

一方、とにかくおしゃべり好きでずっとしゃべっていたいという方は、外来がメインであり、患者さんが途切れずに来局されるような調剤薬局が良いでしょう。逆に施設調剤などたくさん受けている薬局では作業している時間が多すぎて、そのことがストレスになってしまうかもしれません。

 

もちろん未経験のうちは、簡単な処方から経験させてもらえると思いますので、患者さんと仲良くなりつつ『地域に密着した薬剤師』を目指すことができるでしょう。特に調剤薬局に来られるお年寄りは、話し好きの方が多いですしね。

 

 

あまり大勢の人と働きたくない

調剤薬局のなかには、薬剤師が10〜20名以上所属しているような大型の調剤薬局も存在します。それを聞くだけで、「あまり大勢のなかで働くのは嫌だなぁ」と感じる方もいらっしゃるでしょう。そのような方は薬剤師が3〜4名ほどしか在籍していないような薬局がお勧めです。

 

なぜ3〜4名かというと、未経験の方にとってはなるべく1人になってしまうような時間はさけていただいた方が良いからです。初めのうちはわからないことだらけだと思いますし、困ったと時にすぐに誰かに質問ができるような環境を選ぶことは重要になってきますので、薬剤師が1〜2名ほどの調剤薬局はなるべく避けるようにしましょう。

 

 

1人で誰にも邪魔されずに働きたい

とはいえ、1人で働いていた方がよっぽど気が楽だから、初めから1人がいいと思われる方もいらっしゃるかもしれません。1人薬剤師であっても、『未経験OK』と書かれている求人を見かけることもありますよね。ただし未経験で1人薬剤師の店に行くのはまず危険だと考えていただいて良いのではないかと思います。

 

仮に雇われる際、「未経験でも大丈夫ですよ、教えますから」と言われたとしてもその言葉はあまり信頼しない方がいいでしょう。なぜなら1人薬剤師の店に転職するということは、いきなりその店の管理薬剤師になるというわけなんです。

 

管理薬剤師とはその店の責任者であり、たとえ問題が起こったとしても「知らなかった」では済まされない立場になるということです。行政責任も問われます。薬剤師不足の現状において、甘い言葉と高待遇で雇い入れようとするような薬局も残念ながら存在します。そもそも1人薬剤師の店に張り付きで教えてくれるような薬剤師を抱えた企業はなかなか存在しません。

 

このようなことから、未経験の方がいきなり1人薬剤師の店に転職するのは避けていただいた方が良いでしょう。免許に傷が付いてしまうことになってしまいかねませんからね。

 

 

調剤薬局でどんなことがしたいのか

 

薬剤師 求人 未経験

最後に、調剤薬局でどんなことがしたいのか、どんな薬剤師になりたいのかということも考えておいていただく必要があります。

 

「町の健康をサポートしたい」「在宅がしたい」「私生活を大事にしながら定時で帰れるような働き方がしたい」などなど、きっといろんな考えをお持ちのことでしょう。そして一つひとつの思いはみなさんにとって本当に大切になものだと思います。その大切な思いが実現できる場所を探し求めるのは少し大変なことだとは思いますが、その思いは大切にしていただきつつ、ブレないように職場探しをしていただければと思います。

 

 

まとめ

 

タイプ別にお勧めの調剤薬局についてお話ししてきましたがいかがでしたでしょうか。

 

調剤薬局への転職を検討中の方はぜひ参考にしていただき、理想の働き方を実現していただけますように心よりお祈りしています!